アコム 審査落ち

審査落ちの理由を推測して次回の審査に備えよう!

審査落ちの理由と思われる事柄を色んな人の体験談を踏まえて推測してみた結果、次の3つの項目が浮き上がってきました。
自分がこの3項目に当てはまっていないか確認をして、次の審査では失敗しないよう対策を立てておきましょう。

年収と借入額のバランスが崩れている

バランス

どの貸金業者でも収入が無い人に融資はしてくれません。
普通に考えて返済のアテが無い人には例え個人間であろうとお金なんて貸してくれませんよね。
アルバイトでもいいので、まずは一定の収入を確保する事が先決です。

 

既に一定の収入がある人でも、申込時の借入希望額が多すぎると審査で弾かれてしまいます。
貸金業法の総量規制という項目では年収の3分の1以上を超える借入は禁止されています。
現在他のキャッシング会社から既に借入がある場合はそれらの合算金額が既に年収の3分の1を超えている場合、何度審査をしても通過する事はありませんので、よく確認しておきましょう。

 

ただ貸金業法は消費者金融にのみ適用されるため、銀行の融資やカードローンには適用されないという特徴があります。
銀行でお金を借りるのは消費者金融よりも審査が少し厳しく難しいと言われていますが、どうしても融資を受けたい!という人は一度銀行カードローンに申し込んでみるという選択肢も有効だと思います。

オススメの銀行カードローン

 

オリックス銀行カードローン

 

店頭で怪しい行動を取っていないか

怪しい

人からお金を借りるというのは例えそれが貸金業者であったとしても少し後ろめたい気持ちになったり、世間の目が気になったりする事だと思います。
そんな心境で消費者金融などの窓口へ行って担当スタッフと話をしながら借入申込みをする際、自分では気付かないうちに言動の端々に不自然な部分が出てしまう事も少なくはありません。
また人と話をするのが苦手な人が窓口へ借入申込みをしにいくと本人はそのつもりはなくても、対応したスタッフから見てみたら「ちょっと普通の人とは違うかも…ちゃんと返済してくれるのかな?」と不審に思われてしまう事もあります。
その結果、審査落ちをしてしまう人が多いようです。

 

そんな時は店頭ではなくインターネットからの申込みをしてみる事をオススメします。
ネットからだと人と会う事も無いので世間の目も気にならないし、人と話す事も無いので人見知りの人でも気軽に申込みが可能です。
最近では申込みだけではなく、実際の借入手続きもネット上から可能となっているところが多いので、家から一歩も外に出る事なくお金を借りる事ができます。
もちろんスマホからの申込みもできるので、外出先や移動中でも気軽に申込みが可能ですね♪

ネットから申込みから借入まで全部できるオススメキャッシング会社

 

モビット

 

 

アコム

 

 

アイフル

 

 

申し込みブラックになっていないか

審査に落ちたからと言って次から次へと他の消費者金融に申し込みをしていると申し込みブラックというマイナス要素があなたの信用情報に付いてしまいます。
この信用情報というのは信用機関を通じて各キャッシング会社で共有されており、新規申込み者の審査時に必ず閲覧され審査合否の大きな判定要素となります。
だいたいではありますが、約1ヶ月の間に3社以上のキャッシング会社に申し込みをしていると申し込みブラックとして扱われ今後の借入申込みが困難になると言われています。
色んな人からお金を借りている友人と、誰からも借金がない友人、あなたならどちらの友人にお金を貸しますか?と問われたらもちろん後者ですよね。キャッシング会社も考え方は同じという事です。
短期間のうちに何度も申し込みをするのは絶対に避けるようにしましょう。

 

惜しくもアコムの審査に落ちてしまった人は次こそ通過するように、これからアコムに申し込みをする人は一発で審査に通過するように、上の3つの項目をしっかりと確認した上で審査に挑みましょう!

 

>>審査通過の準備ができた人はココからアコムへ申込み<<

アコム審査落ちの理由が知りたい!改善点を見つけて審査に通過!

チェック

アコムやアイフルなどの消費者金融、オリックス銀行や楽天銀行などの銀行カードローンから融資を受ける際は必ず審査に通過しないといけません。
キャッシング会社の審査では一体どんな項目を見て合否の判断をしているのかは昔も今も明確になっていないません。高校や大学などの入学試験と同じく、どの部分がダメだったかを問合せても審査基準は教えて貰えないのが現状です。
ただ融資をしてもいいという法律で定められている最低限の決まり事や、お金を貸したくなくなるような行動など、審査に影響しそうな事柄はある程度予測する事は可能です。
自分がどの項目で借入審査に落ちてしまったのか、また審査通過のために注意すべき事は何なのかをシッカリと確認して、次は絶対に審査をパスできるよう今から対策をしておきましょう!